安全への取組

社長パトロール実施

社長パトロール実施

通常の安全パトロールを行い、不安全状態や不安全行動を発見し、是正、改善をすることは安全の先取りであり、いわば職場の健康診断です。  現場巡視は現場の管理監督者や、安全スタッフが行う重要な仕事ですが、それに加え社長自ら現場に足を運び安全に目を光らせています。

安全大会

安全大会

建設業では全従業員及び協力業者が参し毎年の『安全大会』を開催しています。萩原建設工業株式会社では工事の安全を再確認し意識の向上を図ります。

雇用管理研修

雇用管理研修

協力業者事業主を対象の安全教育や従業員の教育、労働条件、人間関係など雇用管理上取り組むべき事項は多岐に渡ります。これら一つひとつの事項について、適切に対応することが会社への信頼と従業員の満足度向上、生産性の向上に繋がります。協力業者の経営基盤構築と企業力向上の為に行います。

職長教育研修

職長教育研修

労働安全衛生法第60条に基づく事業場で新たにその職務につくことになった職長等の第一線現場監督者に対して行う安全衛生教育です。作業設備・作業場所の保守管理、異常時の措置、危険性又は有害性の調査等、職長に必要な安全衛生知識について、討議を交えた研修を行います。 協力業者に対する職長教育

安全祈願

安全祈願

全国安全週間行事の一環として、現場の安全と、関係者及び従業員の安全を祈願し、安全祈願際を毎年7月に帯広神社で行ない。萩原建設工業㈱職員・協力業者 多数が参加します。

このページの先頭へ